トップページへ

出 流 原 弁 財 天
 
い ず る は ら べ ん ざ い て ん 






磯山弁財天
 (撮影:2010年11月26日)


  お願ぇです。どうか雨を降らせてくだせ〜い・・・
 昔むかし、下野(しもつけ)の佐野の人たちは、寺久保川や旗川などの水を使って田畑を耕し、生活をしていました。ある年の冬のこと、日照り続きで川の水位も下がり井戸水も底をつくようになりました。

 人々は出流原の磯山の麓に集まり、雨乞いのお祭りをすることにしました。 山の頂上にボんデンを揚げ、2日2晩笛や太鼓を打ち鳴らし、
 「天の神様に申し上げます。しばらく雨が降りませんので百姓は夏になっても作物が育たず困っています。どうか雨を降らせて私たちを助けてくだせい。」と,、何度も何度もお願いしました。

 
 すると、麓の人丸神社あたりに白い着物を着た老人が現れ、杖で岩をつつくと不思議なことに滾々と水が湧き出しました。

 「俺たちの願いを神様は聞いてくれたのだ。バンザ〜イ、バンザ〜イ・・・」と磯山の麓は夜明けとともに村人の歓びの声でうずまりました。

 それ以来、磯山の水はどんな日照り続きの年でも涸れることなく、この付近の田畑を耕すお百姓さんたちを喜ばしました・・・・とさ。 
                (「下野伝説集」より要約)







磯山(出流原)弁財天山門


磯山(出流原)弁財天上層からの眺め


京都清水寺と同じ懸け(崖)造り


下から見上げると迫力がある


太鼓橋がありその下の石段を昇るめずらしい山門















鐘楼



昇ってきたこの石段の先に本堂がある。


本堂


さらに山道を登ると雷電神社に至る。


人丸神社を合祀した涌釜神社


涌釜神社拝殿


涌釜神社神殿


涌釜神社


出流原弁天池


出流原弁天池


出流原弁天池


出流原弁天池


出流原弁天池


池の鯉


池の鳥


水車


出流原弁天池


出流原弁天池



前のページ行道山 浄因寺     このページのTOPへ     次のページペリーロード



トップページへ   ハタベア写真帖へ  自己紹介・ご挨拶へ  「つれづれなるままに」へ  リンクへ ゲストブック(掲示板) メールへ