トップページへ

 乗 鞍 岳  

の り く ら だ け ( 3,026m )

一気にマイカーを≪夢の雲上ツーリング ≫へといざなう、乗鞍エコーラインとスカイライン。
車で行ける日本の最高地点(海抜2,702m)畳平へのマイカー通行は2003年以降、出来なくなる。
混雑することは覚悟の上で冬季通行止めになる直前に、マイカー規制前の乗鞍岳の紅葉とご来光を求めて出かけた。



乗 鞍 岳 と 紅 葉 
手前が高天ヶ原、奥が剣ヶ峰  撮影日:2002年10月11〜12日)


  乗 鞍 岳 と マ イ カ ー 規 制 に つ い て
 北アルプスの南端、長野県南安曇郡安曇村と岐阜県大野郡丹生川村の県境に、その昔魔の山として崇められた乗鞍岳は、たおやかで優美な姿を横たえていた。

 約100万年前、新生代の第4紀、火山活動が活発だった時代に誕生したといわれ、山名は、そのなだらかな姿が馬の鞍に似ていることからの命名らしい。

 火口湖が点在するコニーデ型火山で、古い火口の上に新しい噴火口がある複式火山である。「乗鞍23峰」といわれるように、大日岳、摩利支天岳、朝日岳など23の峰と7湖、8カ所の平原がある。
 最高峰は3,026メートルの剣ヶ峰で、日本の火山としては富士山、御嶽山に次いで3番目の高峰になる。

 北の穂高連峰と、南の御嶽山とのほぼ中間に位置し孤高を誇っているため、展望も格別で大パノラマが広がっている。 山頂からは北アルプスをはじめ、南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳、白山などの素晴らしい眺望がある。
 
 山頂付近には、コロナ観測所、国立天文台、東大宇宙線研究所などが設置されており、気軽に2,700m.まで車で来られることから、アマチュア天文家の観測場所としても人気が高い。

 高山植物が豊富なことでも有名だが、ダケカンバやナナカマドなど秋の紅葉にも目を見張るものがあった。
 岐阜県側の日本一高所を走る有料道路「乗鞍スカイライン」の年間利用台数は、21万2000台で、そのうちマイカーが95%の20万2000台に上るという。一方、長野県側の県道「乗鞍エコーライン」は標高2700メートルを走れる無料の山岳道路であるため、さらにその通行台数は圧倒的に多いかもしれない。

 マイカー規制の話は、岐阜県側から出たようだ。「有料の乗鞍スカイラインが償還を終えて無料になる2003年6月末からの通行量の増大には計り知れないものがある。自動車などの排ガスの影響や一部マナーの悪い観光客による自然破壊が進み、さらに深刻化する。」そんな訳で自然環境保護の観点からのマイカー規制となるらしい。
 
 中部地方では、長野県の上高地公園線、富山県の富山立山公園線、静岡県の富士山スカイラインで、すでにシャトルバスの運行などによってマイカーを規制している。

 現在運行されている乗合バスの乗鞍岳山頂到着は朝9時頃と言うから、畳平付近の山小屋などに泊まらなければ、来年以降気軽にご来光を拝むことは出来なくなるかもしれない。

 乗鞍岳へのマイカー登山の最後となる今回の旅は、雲ひとつない秋晴れに恵まれ、大感動の光景に出会えた。




ご来光(左から、浅間山、八ヶ岳連峰、甲斐駒ケ岳、南アルプスの山々)



スカイラインに一条の光が走る



その光は次第に赤味を増していく



暁の空に南アルプスが姿を見せる



甲斐駒のバックにレッドラインが現れる



朝焼けの空を背に八ヶ岳のシルエットが美しい



天狗と根石の頂上から朝陽が顔を出す

 

輝きの先鋒は増殖し続ける




左から、天狗、根石、夏沢峠、硫黄、横岳

 




       
左から、入笠山、鋸岳、甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山、アサヨ峰、仙丈ヶ岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳、手前右は経ヶ岳




微妙に変化していく色合いを楽しむ



朝もやの透明感ががたまらなく美しい



 前の晩、夢見ていた光景



もう、二度と見られないかもしれない



   正面は、南アルプスの塩見岳



八ヶ岳連峰、手前は鉢盛山



ダケカンバの黄葉



真赤に燃えるナナカマド



紅、黄、緑のコントラストが美しい



紅、黄、緑の葉色の競演

















































































三本滝



三本滝









三本滝



三本滝









牛留池に映る逆さ乗鞍



牛留池





乗鞍岳と月(左から、剣ヶ峰、蚕玉岳、朝日岳)




前のページ( 高ボッチ山     このページのTOPへ     次のページ( 角筈・淀橋・十二社



トップページへ   ハタベア写真帖へ  自己紹介・ご挨拶へ  「つれづれなるままに」へ  リンクへ 掲示板へ    メールへ