トップページへ

 王 ヶ 鼻  

お お が は な



神秘的な石仏群は、すべて信仰の山 『御嶽』 を見つめ静かに立っていた
(撮影日:2003年5月3〜4日)


  王 ヶ 鼻 に つ い て





浅間山(2,568m)朝景色01



浅間山朝景色02



八ヶ岳、富士山朝景色



浅間山朝景色03




北アルプス朝景色01



北アルプス朝景色02



南アルプス



南アルプス



穂高連峰の朝 左から前穂高岳、奥穂高岳(3,190m)、涸沢岳、北穂高岳



北アルプスの朝焼け 左から南岳、中岳、大喰岳、槍ヶ岳(3,180m)、常念岳



赤岩岳、横通岳、東天井岳、大天井岳(おてんしょうだけ)



北アルプス連峰 穂高連峰、槍ヶ岳、常念岳



御嶽に向いて立っていますが石仏ではありませんよ



御嶽山




石切場への登山道と松本盆地



穂高岳と槍ヶ岳、常念岳




王ヶ鼻(2,008m)の石仏群と乗鞍岳




乗鞍岳




八ヶ岳と富士山




南アルプス連峰









南アルプス連峰



乗鞍岳(3,026m)  松本市街、安曇平を鳥瞰する




雨飾山(1,963m),西岳(2,053m)、焼山(2,400m)、高妻山(2,353m)、火打山(2,462m)、妙高山(2,454m)、黒姫山(2,053m)




甲斐駒ケ岳(2,967m)、北岳(3,192m)、間ノ岳(3,189m)、仙丈ケ岳、塩見岳、悪沢岳(3,141m)、荒川岳、赤石岳



北アルプス



火打山、妙高山、黒姫山









中央アルプス  宝剣岳(2,931m)、中岳(2,925m)、木曽駒ケ岳(2,956m)、木曽前岳()2,826m




美ヶ原高原台地




槍ヶ岳暮色01



槍ヶ岳暮色02




槍ヶ岳暮色03




槍ヶ岳暮色04




槍ヶ岳残照




三日月と北アルプス残照




左から前穂高岳(3,90m)、奥穂高岳(3,190m)、涸沢岳(3,110m)、北穂高岳(3,106m)



南岳(3,033m)、中岳(3,084m)、槍ヶ岳(3,180m)、常念岳(2,857m)



東天井岳、大天井岳(2,922m)
、ワリモ岳(2,888m)、水晶岳(2,986m)



水晶岳(黒岳 2,986m)、真砂岳82,862m)、野口五郎岳(2,924m)、燕岳(つばくろだけ 2,763m)




雄山(3,003m)、大汝山(3,015m)、富士ノ折立と針ノ木岳(2,821m)、スバリ岳(2,752m)




立山(3,015m)、針ノ木岳(2,821m)、スバリ岳(2,752m)、蓮華岳(2,799m)、剣岳(2,998m)、鳴沢岳(2,661m)



爺ヶ岳(2,670m)
鹿島槍ヶ岳(2,890m)



鹿島槍ヶ岳(2,890m)



鹿島槍ヶ岳(2,890m)、五龍岳(2,814m)



五龍岳(2,814m)、白岳(2,541m)、唐松岳(2,696m)



唐松岳(2,696m)、鑓ヶ岳(2,903m)、杓子岳(2,812m)




白馬三山  鑓ヶ岳(2,903m)、杓子岳(2,812m)、白馬岳(2,932m) と小蓮華山(2,769m)





いつの頃から、この光景を見続けているのだろう


前のページ霧ヶ峰     このページのTOPへ     次のページ( 白根霧中 )



トップページへ   ハタベア写真帖へ  自己紹介・ご挨拶へ  「つれづれなるままに」へ  リンクへ 掲示板へ    メールへ