トップページへ

 酒田・鶴岡・村上
 
 さかた・つるおか・むらかみ






山居倉庫
(撮影日:2011年7月26日)

  
酒  田



最上川


最上川


白糸の滝(日本の滝百選)


風車村

全国でもまれな強風地帯として知られる庄内町。平成5年、全国に先駆けて風力発電設備が導入された。


庄内(しょうない)平野
最上川と赤川の堆積作用により形成された平野。


日枝神社
山王鳥居と随身門



六角灯台
初代は明治28年(1895年)建造、二代目は日和山公園に移築された



旧割烹小幡
映画「おくりびと」のロケ地、NKエージェント事務所として使われた。


山居(さんきょ)倉庫
明治26年(1893年)建造、民営としては他に例を見ない規模を誇る。
118年たった現在も現役倉庫として活躍している。
NHK 朝の連続テレビ小説「おしん」の舞台にもなった。


鶴   岡



致道(ちどう)博物館
荘内藩主酒井家の御用屋敷だったものを博物館として公開。


大宝(たいほう)館
大正天皇の即位を記念して建立


荘内(しょうない)神社
酒井家代々を祀った由緒ある神社で、鶴ヶ岡城本丸跡に明治10年(1877年)建立。





稲荷神社
宝永5年(1708年)庄内藩6代藩主 酒井忠真公が、
当時の鶴ヶ岡城二の丸東北隅に城内鎮守として創建した。



鶴ヶ岡城址 濠の水鳥
江戸時代、庄内藩の藩庁であった鶴ヶ岡城は、土塁と少々の石垣、堀に往時の面影を僅かに留めている。



鶴ヶ岡城址 濠の水鳥



村  上



三面(みおもて)川
新潟県村上市を流れる河川。鮭の溯上が有名で、古くからこの地では独自の鮭文化が受け継がれている。


旧若林家住宅
18世紀末に建てられた中級武家屋敷。寄棟、茅葺、曲屋形式。国指定重要文化財。


浪漫(ろまん)亭
昭和11年(1936年)に当時の技術の粋を集めて造られた屋敷建築。
銀行の支店長宅として使われていたが、取り壊されると聞き、
「喜っかわ」専務の吉川真嗣氏が歴史を生かした町づくりのため、買い取り保存した。



味匠 喜っ川(きっかわ)
吉永小百合さんが行く、JR東日本:大人の休日倶楽部のCMの撮影地にもなった。


のれん
創業は寛永年間、味噌醤油造りを経て江戸の後半から造り酒屋。
戦後、鮭の製品造りを始め現在に至る。鮭の塩引き、酒びたし、生ハムが有名。




町屋づくりの通り土間
発酵のため、天井の梁から1000尾以上の鮭が吊るしてある光景は圧巻。


茶の間
築120年、仏壇、神棚に囲炉裏がある明治時代の建築。


戦前の造り酒屋時代は女中部屋だった


喜っ川主人
 
昭和10年生まれの吉川哲鮭(きっかわ てっしょう)氏
根っからの職人気質で鮭の食文化を語れば何時間でも話し続けるという。






人形さま





(遊佐・酒田)
                                                           

前のページ ( 銀山温泉 )     このページのTOPへ     次のページ ( 山 寺 )



トップページへ   ハタベア写真帖へ  自己紹介・ご挨拶へ  「つれづれなるままに」へ  リンクへ 掲示板へ (掲示板)   メールへ